top画像
画像説明文

告知


N's SQUAREのLive・コンサートのご案内です。

画像説明文

メニュー


N's SQUAREのレンタルメニューのご案内です。

画像説明文

アクセス


所在地のご案内です。

画像説明文

ギャラリー


写真のご紹介です。

画像説明文
オーナーの独り言ブログ

オーナーの独り言ブログです。

☆ 大石学&米木康志DUO LIVE@N's-SQUARE CD発売開始

2,600円税込(送料140円別)

メール€yoyaku440.442@gmail.com
にてお申し込み下さい。

1.With 6'45
2.JOPEK&AMALIA 8'56
3.Shadow of Wind 8'10
4.Joy 7'41
5.Wreath 7'59
6.Frascati 9'52
7.Peace 11'36

2015年10月23日録音

☆ 大石 学 ソロCD Manabu Ohishi Solo Piano Live
              @ N's-SQUARE in Ishinomaki


<収録曲>
1.和み
2.風の踊り
3.YUZURU
4.やわらかな日差し
5.SODANE
6.雨音
7.CRESCENT
8.War Dance

定価:2,600円
メールでもご注文頂けます。(送料180円)
yoyaku440.442@gmail.com
件名に大石学ソロCDとしてお申し込みください。
2~3日中に発送させていただきます。


☆ 大石学&米木康志 Live@N's-SQUARE in Ishinomaki

定価:2600円(税込)
<収録曲>
1.Lonesome
2.CRESCENT
3.Gemini
4.Continuous Rain
5.雨音
6.Peace
2019.10.28 Live 録音


☆ 03月15日(日) 米澤美優・雲井望実 ピアノコンサート

開場13:00 開演13:30
入場料:大人1000円 子供500円 未就学児無料

出演:米澤 美優
   雲井 望実
演奏予定曲;くるみ割り人形/リベツタンゴ/オペラ座の怪人メドレー ほか

チケット申し込み・お問い合わせ
電話 090-3643-7731(N's-SQUARE遠藤)
メール€yoyaku440.442@gmail.com


☆ 03月27日(金) 『ポンコ・ミラー"みなくる"ライブツアー2020 Spring 東日本編』

開場18:00 開演19:00
入場料 前売¥5,000 当日¥5,500 (ドリンク別)

出演
村上"ポンタ"秀一(drums)
ユッコ・ミラー(sax)
折重由美子(pf&claviola)
前田順三(bass)

チケット申し込み・お問い合わせ
電話 090-3643-7731(N's-SQUARE遠藤)
メール€yoyaku440.442@gmail.com

■村上“ポンタ”秀一(Drums)
1972年、フォーク・グループ“赤い鳥”に参加。
以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、後藤次利ら、超一流ミュージシャンとセッション、さらに井上陽水、吉田拓郎、山下達郎、松任谷由実、吉田美奈子、矢沢永吉、沢田研二、さだまさし、泉谷しげる、桑田佳祐、長渕剛、EPO、角松敏生、尾崎豊、など、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加。レコーディングはゆうに14,000曲を越える。
93年、自身初のリーダー・バンド“PONTA BOX”を結成、99年にはフジテレビ系「ニュースJAPAN JAZZ GIANTS」出演。
また、同局『スーパーニュース』の音楽をPONTA BOXが担当し、03年4月よりフジテレビ系「堂本兄弟」第2期DOMOTO BROS.BANDとしてレギュラー出演。
近年のリーダー・アルバムとしては、98年に音楽生活25周年を記念した『Welcome To My Life』、04年には30周年アルバム『MY PLEASURE』を発表。
06年には、プログラミング音源に対してドラムでインター・プレイを試みた問題作『Rhythm Designer』が話題に。昨年にはそのライヴ映像作品『Live! Rhythm Designer~Shuichi“PONTA”Murakami Solo Performance 2006@青山円形劇場』も発表している。現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、ドラム・クリニックをはじめ、後進の育成、指導にも積極的に力を注ぐ。
いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップ・アーティストである。

■ユッコ・ミラー(Sax)
三重県伊勢市出身。2016年9月キングレコードよりメジャーデビューし、テレビや雑誌を賑わす実力派のサックス奏者。
3歳よりピアノを始め、高校で吹奏楽部に所属しアルトサックスを始める。在学中よりパリ・ウィーン等、海外演奏旅行、数々のコンテストにてグランプリ等受賞。河田健氏、川嶋哲郎氏、エリック・マリエンサル氏に師事。
キャンディー・ダルファー本人から演奏を気に入られ、キャンディー・ダルファー来日公演に異例のスペシャルゲストとして出演。 グレン・ミラー・オーケストラのジャパンツアーにスペシャルゲストとして出演を果たすなど国内外で活躍するトップミュージシャンと多数共演。韓国やマレーシアなどの海外でのジャズフェスティバルにも出演するなど、世界的に高い評価を得ている。
2016年にリリースした1stアルバム「YUCCO MILLER」は、グラミー賞受賞アーティストのロニー・プラキシコがサウンドプロデュースを務め、ニューヨークにて録音。2018年にリリースした2ndアルバム「SAXONIC」は、JAZZ JAPAN AWARD 2018 アルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュースター部門賞)を受賞。ピコ太郎のプロデューサーとしてもお馴染みのプロデューサー古坂大魔王とのコラボ曲も収録した。2019年にリリースした3rdアルバム「Kind of Pink」は、グラミー賞を3度受賞したデビッド・マシューズがアレンジとピアノで参加。
地上波人気テレビ番組への出演、テレビCMミュージックの作曲・演奏、アパレルブランドのPVに主演モデルとしても出演するなど多方面で活躍している。
2018年からはYouTuberとしての活動も展開し、その後1年足らずにして、ユッコ・ミラー公式YouTubeチャンネルのチャンネル登録者は10万人を超え、総再生回数は1500万再生回数を突破。自身のブログの一日の最高アクセス数が40万アクセスに達し、Ameba芸能人・有名人ブログの人気ランキングにて第1位を獲得、また、JazzPage人気投票サックス部門で第1位を獲得するなど、インストゥルメンタルアーティストとして類希な人気を集めている。

■折重由美子(claviola&pf)
2歳でピアノを始める。
高校卒業と同時にカワイ音楽広島で講師を務めるかたわら、音楽理論を学びドリマトーン全国大会で銅賞に入賞し最上級のグレードを取得。
自身のライブ活動、数々のアーテイストのLiveサポート、レコーディング分野で作曲、アレンジ、演奏等、積極的に参加。現在製造も販売もされてない幻の楽器「クラビオーラ」(鍵盤ハーモニカ)奏者として癒しの音楽を展開。クラビオーラをメインにプロフェッショナルとして演奏・制作活動をしているのは、世界でも折重由美子ただ一人。現在までにクラビオーラをメインにしたCDアルバムを9枚リリース。日本のみならず世界でも展開中。
2017年9月、FUJITSU BATTERIESイメージサウンド"風の贈り物〜Save The Earth〜"リミックス「風のおもちゃばこ」をユニバーサルミュージックよりメジャーリリース。2019年3月、音楽生活35周年記念アルバム「魔法の毛布-究極の眠りの周波数-」をリリース。 広島出身ということで、クラビオーラの音色を通して平和発信をコンサートという形で全国、海外で開催している。

■前田順三(bass)
高校卒業後、大阪、京都でミュージシャン活動を 始め多くの現場を経験する。
勢力的にLiveはもちろんの事、様々なアーティストとのレコーディングやCMなどの作品にも参加し現在に至る。 エレキベース・ウッドベース共にプレイし、特にエレキベースのスラップ奏法を得意とする。 ジャンルに囚われない前田流の音からはソウルが聞こえてくると各界から絶賛を浴びている。一音にかける情熱は誰よりも熱い。
現在、ライブ・作曲・アレンジ・レコーディング・各種パーティーなどで活動中。
国内外のトップミュージシャンとの共演、サポートも多数務める。
現在、ドラマー村上ポンタ秀一氏とリズムセクション・ライブ・作曲・アレンジ・レコーディング・各種パーティーなどで活動中。

……………